【海外クラフトビール 】ホップワークス ロボットパンダ 【ヘイジーIPA】

どうも、一ノ瀬です。

今回は最近流行のヘイジーIPAを飲みましたので紹介します。
IMG_5092

【商品名】HOPWORKS ROBOT PANDA
【ブルワリー】ハブホップワークスアーバン
【タイプ】ヘイジーIPA
【内容量】350ml
【原材料】麦芽、ホップ(カスケード、デナリ、レモンドロップ)
【参考価格】591円税抜き
【飲み頃温度】8〜10℃
【個人的5段階評価】
飲みやすさ★★★
苦さ★★★
フルーティさ★★★★

【メーカー説明】
フルーティー、ジューシーで美味しいヘイジーIPA。飲み始めから、飲み終わるまで、かわらず飲みやすい。ソフトで、ふわっとしたモルトのボディーと、大量投入のホップ (デナリ、レモンドロップ、カスケード)のバランスが良。何故にどこから付けたのか、「ロボットパンダ」という名がついたビール。「夏に向けて走り出すために適したビール」という事です。 

【飲んだ感想】
フルーティな口当たりに3種類のホップの複雑でジューシーな味わい。
最後には爽やかでマイルドな苦みが口の中に広がります。
苦みに関しては以前紹介したヤッホーブルーイングさんのインドの青鬼と似ていますが、インドの青鬼ほどの苦みは感じられません。最近、クラフトビールを飲み始めた人や女性の方におすすめなビールとなっています。イオンリカーさんなどで販売していますので見かけた際には飲んでみてはいかがでしょうか。

 

★こちらの記事もIPAが好きな人におすすめ!

beerboy.hatenablog.com

beerboy.hatenablog.com